自律神経の巻き

新年度からは、整体師らしく「カラダ」にまつわるお話しを、限りな~くわかりやすくお話しして行こうと思います。お医者さまのお話しだと難しすぎたりしますものね・・・。

「ためしてガッテン!」のまみチャンに伝えるつもりで、お話しします。

 

それでは記念すべき、第一回は「自律神経」です。

なんだよ!いきなり難しそうだな!と思いの方

それ!聞いたことがあるよ!そんな方にも・・・

 

さて、みなさんはこの「自律神経」ってなにする神経かわかりますか?

この神経さんは、私たちが生きて行く上でもかなり重要な、そして、とてつもなく素晴らしい神経さんなのです。

想像してみて下さいね!

例えば次にあげる動作を意識的に動かすとしたら??

「ずっと心臓を動かす」とか「寝ている間も息をする」さらには「食べた物を口から胃へ運んで、ドロドロにしたら小腸へ移して、消化液に混ぜて栄養分を吸収し、残ったカスは大腸へ運びいよいよ・・・ウンチ!で出しちゃう」こんなこと出来ますか!?しかも食べてからウンチまでは、24時間から72時間ですよ!!

もうこのことだけで、頭がいっぱいになって、何もできなくなるでしょうね。

 

そうなんです、そんなこんなでこれだけの大変な作業を、文句も言わず自動運転してくれているのが「自律神経」さんなのです。もう一生アタマが上がりませんよね、本当に凄い機能です。

だってこれが全て、自動的に動いているんですよ!

私たちが、遊んでいても、学校行っても、仕事しても、デートしてても・・・

この機能があるから、他のことができている。と言えると思います。

 

他にも「血圧・体温・発汗・おしっこ」などなども・・・

 

もしも、この機能が壊れたら!自動運転がおかしくなったら!!

自律神経が怒って出て行って、出張しちゃったら・・・⇔これが「自律神経失調症」か?すぐに帰ってきて下さいっ! 

考えただけでも、危険な感じがします。心拍もみだれて心臓が止まりそうです!

 

でもご安心を!心臓クンはなんと、脳や神経から切り離して体外に出しても・・・動くんですよ!自分で電気信号出しながらドクドクと。

ありゃま、話が違う方へ行きましたね。

 

みなさん「自律神経」の凄さが伝わりましたか?

素晴らしい機能とバランス感覚!

 

それでは次回は「自律神経の巻きパートⅡ」さらに「自律神経」の中の、二つの大切な神経「交感神経」さんと「副交感神経」さんのお話しです。

二つのバランス関係はいかに!!

 

お楽しみに